「ついに」、と言ってもいいのかもしれませんが、アメックスプラチナが新規申込みの受付を開始しました。

入会申込みページ(公式サイト)

プラチナカードの希少性は保たれるのか?疑問もありますが、アメックスプラチナの入手については、もともと大きなハードルではなかったですからね。

新規に申込みが可能となった最強クラスのプラチナカード

リリース以降、「招待生」を貫いてきたアメックスプラチナが、2019年4月8日、ついに新規申込みの受付を開始しました。
最近では、三井住友プラチナカード依頼となるのではないでしょうか。

真相は定かではありませんが、ラグジュアリーカードのBLACK CARD(年会費10万円)が新規申込み受付をしていたことへの対抗もあったのかな?と個人的に感じます。
アメックスプラチナはメタルカード(金属製カード)に切り替えをはじめましたが、ラグジュアリーカードはもともと金属製のクレジットカードでしたし。。
どことなく、ラグジュアリーカードに対抗していると捉えられてもおかしくない。

ただし、アメックス・プラチナに関しては「招待生」といいながらも、既存のプラチナカード会員の紹介であれば申し込みが可能となっていました。
これは、ダイナースクラブ プレミアムカードについても同様で、周りに紹介者がいないと申込みできないのは事実ですが、「希少性が高い」とは言い切れませんでした。

これがいいのか悪いのかは置いておき、アメックスプラチナは“素晴らしいカード”であり、これをグリーンカードやゴールドカードの滞在期間を経由せずに申込みな可能なのは、消費者にとってはいいことだと思います。

セクレタリーはカード業界最高水準の対応

まず、アメックスプラチナのいいところですが、つい最近始まった“メタルカード”を採用した点も確かに挙げられます。
手にしたときに重厚感や、プラスチックカードとは異なる光の反射の仕方などのほか、カード番号が表から消えたなどデザイン的にも大きく進化。

しかし、このカードの一番気に入っている点は、なんといってもセクレタリー(コンシェルジュ)サービスの対応です。
接客時の言葉遣いといい、お願いしたことに対する回答といい、一歩上の対応。
アメックスプラチナしか持った経験のない方は分からないでしょうが、僕は三井住友プラチナやJCB THE CLASS、ダイナースプレミアムなど5枚のプラチナカードを持った者として言わせてもらうと、最上級の対応が感じられます。

逆に言えば、セクレタリーを利用しないのであれば、おそらく長く利用することはないプラチナカードだと思います。
飲食店の利用や宿泊施設の予約、旅行の相談等すべて自分でやるのが一番!と思っている人には不向き。

ポイントには期待できない

はじめに伝えておきますが、ポイント還元率は他社のクレジットカードと比較して高くはありません。
いや、低いと言ってもいいくらい。
そもそも13万円(税別)という年会費をポイントでカバーするのは至難の業です。

ANAのマイレージに移行する場合は、100円=1ポイント=1マイルとなり、年会費10万円未満のプラチナカードより有利ですが、上限が年間4万マイルなので、これまた年会費をカバーできるレベルじゃありません。
同じ年会費のダイナースクラブ プレミアムカードが100円=2ポイント=2マイルであることを考えても、ちょっと「ショッピングマイルが一番貯まりやすいから」なんてことは言えません。

やはり、旅行好きの方、仲間内や接待等で飲食店を利用する機会が多い方などで、セクレタリーを利用する機会が想定されるなら年会費以上のベネフィットをもたらしてくれる1枚。
年会費13万円は高額ですが、それ以上の価値を引き出すこともできます。

興味のある方は、試しに1~2年使ってみてはいかがでしょうか?

アメックスプラチナの優待特典やサービスについてはこちら

入会申込みページ(公式サイト)