最近、気にしていることがあります。

僕自身も愛用しているダイナースクラブ プレミアムカード。

なんか、ライバルに先をどんどん越されているように思わずにはいられず、いったい、いつになったら動きが出るのかと。。

クレジットカードの材質は金属製になるのか?

まずはクレジットカードの材質。

対抗馬となるラグジュアリーカードはもともと金属製で、日本に上陸したときは大きな話題となりました。

これを追いかけるように、アメックス・プラチナも米国でメタルカードを導入。
2019年になって日本国内でも既存プラチナカード会員に、メタルカード切り替えに関する案内が届きました。

クレジットカードの「ステータス」が、カードの「材質」にも現れ始めているのです。

10万円以上の年会費となるライバル会社が“金属製”にシフトチェンジしたということは、次はダイナースクラブ プレミアムカードも!?
と疑問を抱くのはごく自然なこと。

しかしながら、本国も含め、ダイナースクラブカードに関する“金属化”の話は聞こえてきません。

金属カードを採用するにはコストもかかりますし、そう簡単に切り替えられないのかもしれませんが、将来的にはダイナースクラブも金属カードに切り替えるのではないか?と思われます。

ダイナースプレミアムの招待制はいつまで貫くのか?

次に、一般申込み受付の開始について。

ラグジュアリーカードは上陸時から、年会費20万円のGOLD CARDを除いて新規入会申し込みを受け付けています。
法人カードに関しては、GOLD CARDであっても新規申込みを受付。

2019年4月。アメックス・プラチナは招待制をやめて、新規入会申込みの受付を開始しました。

アメックス・プラチナ同様に、ダイナースクラブ プレミアムカードも表向き「招待制」としながら、実際には既存のプレミアムカード会員の紹介であれば、手にすることが出来ました。

つまり、完全な招待制ではないのです。

となると、ダイナースプレミアムについても、いつ招待制をやめてもおかしくありません。

プレミアム性が失われる懸念

この招待制については色々な意見があり、「招待制だからこそ“プレミアム感”がある。」という意見もあります。

たとえば、JCB THE CLASSなんかは、とことん招待制を貫き、今現在、いわゆる「突撃」の電話を入れてもJCB THE CLASSの入会申込書を手にすることは出来ません。
かわりに、新規入会申し込みを受け付けているJCBプラチナの案内が言い渡されます。

個人的に、これはジェーシービーの戦略であり、【希少価値=プレミアム感】がそこに成り立っていると捉えています。
JCBプラチナをリリースした以上、今後もJCB THE CLASSの招待制を貫き通すとしか思えません。

ダイナースプレミアムについても、現状は既存会員の紹介であれば申し込みが可能となっていますが、これをやめて、JCB THE CLASS同様に完全な招待制に戻すということも“アリ”じゃないかと思います。
そうすることで、アメックス・プラチナラグジュアリーカードBLACK CARDとの差別化も図れる。

アメックス・プラチナは、高額年会費のプレミアムカードでは頭一つ抜けた人気を博していますが、ダイナースが明確な差別化を図れば富裕層から大きな人気を集める時が来るのかもしれません。

ダイナースクラブ プレミアムカードの優待特典およびサービスについて