6月に、三井住友プラチナカード会員向けのメンバーズセレクションの案内が届きました。

今年会員になったばかりなので、初めての三井住友カードのメンバーズセレクションです。

JCBと比べて見劣りするが初年度からもらえるメンバーズセレクション

まず、“いい点”から挙げると、入会した初年度から利用できる特典であること。
同じくメンバーズセレクションを用意しているJCB THE CLASSの場合、入会初年度はもらえない。更新手続きを終えて次年度から利用できる特典。

三井住友プラチナカードの場合、インビテーションから入会すると初年度年会費が半額になるので、初年度は実質的な負担が大きく減ることになる。
これは大きなメリット。

次に”悪い点”というか、同一の年会費であるJCB THE CLASSに比べて、商品内容が大きく見劣りする。
JCB THE CLASSでは2万円程度の商品をメインで取扱っていて、2万5千円分の旅行券や、ディズニーリゾートやUSJに行くなら2万7千円程度のチケットやらギフトカードを選択する方法もある。

これに対して、三井住友プラチナカードの場合は5,000円~10,000円。

本当に【オマケ】程度と捉えた方がいい。

メンバーズセレクションに関しては、JCB THE CLASSの方が圧倒しているとしか言いようがない。

三井住友プラチナカードそのものを否定はしない

ここまで書くと、何だか三井住友プラチナカードがかなり粗悪なプラチナカードにも読み取れるが、そうではないことを付け加えておきます。

このカードのメリットは、半年ごとに送られてくる【カードご利用プレゼント】がまず挙がると思います。
たとえば年間600万円の利用がある場合、年間で3万円相当のVisaギフトカードが送られてくることに。
これは、JCB THE CLASSにはない特典なので、年間利用金額が大きい方ほどメリットをうけます。

それとVisaブランドということで、海外でも利便性が高い。

海外へ行く機会が多い方ならJCBブランドはもちろん、アメックスやダイナースと比べても使い勝手の良さを感じますね。

まぁ、それにしても折角特典としてつけているメンバーズセレクション、もうちょっと良い品物をセレクトしてもらえればな、と思います。