ダイナースクラブカードに続き、アメックスカードもANAマイレージクラブへの年間移行ポイントの上限が変更となりました。

ダイナース同様、“いい方向”ではなく“悪い方向”へ。。

ANAマイレージクラブへの年間移行ポイントは上限4万ポイントとなる!

現在、アメックスカードで貯めたポイントは年間で8万ポイントを上限にANAのマイレージクラブへ移行することができます。(メンバーシップ・リワード・プラスに登録済みの場合)

2019年1月1日から、アメックスのグリーン、ゴールド、プラチナの券種において、個人用ビジネス用を問わず、年間移行ポイントの上限が半分の4万ポイントに変更することに決まりました。

ダイナースと同じ4万ポイントが上限です。

航空会社との提携カードじゃなくても、クレジットカードで貯めたポイントをマイルに移行する人は少なくないはず。

今回、ダイナースに続いてアメックスも移行できるポイントの上限が半減してしまうのは、非常に頭が痛い。

まぁ、アメックスカードの場合、ANAを含め15の提携航空会社のマイルへ移行できるので、海外へよくいかれる方にとっては大きなダメージはないと思いますが、国内の出張がメインとなっているなら、今回の改定はいい知らせでは決してないですね。

ということで、アメックスカード会員で、今年、ANAマイレージクラブへポイント移行しておらず、なんとか大きく貯まってるポイントをANAマイレージクラブへ移行したい!って方は、早めに移行手続きをとる必要がありますね。

なお、ANAへポイント移行する場合、年末年始で移行できない期間があるので、ここに注意が必要です。
初めてANAのマイレージクラブへポイント移行する方は2018年12月17日~2019年1月4日まで、2回目以降の方は2018年12月25日~2019年1月4日までの期間は、ポイント移行休止期間に設定されているので、今年中に4万ポイントを超えるポイントをANAへ移行したいって方は、12月上旬までには対応するのがよさそうです。

アメックスプラチナ会員はANAコース登録費が無料に!

実は、今回の改定は手をたたいて喜べる内容ではないですが、アメックスプラチナカード会員(ビジネスを含む)は、ANAコース登録費が2019年より無料になります。

「なんでダイナースのプレミアムは無料なのにアメックスプラチナは有料なんだ?」って疑問を僕自身、以前から持っていましたが、2019年からは永年無料になるのはいい知らせですね。

ちなみに、2018年までは年間5000円(税抜き)がかかってました。

言い換えれば、初めてANAマイレージクラブへポイントを移行するプラチナカード会員の方は、この5000円を払ってまで移行するかどうかの検討も必要ですね。

マイルへ移行するポイント数によっては、別に来年でもいいんじゃないか?って方も出てくると思われますので。

まぁ、いずれにしても、今後はマイル重視でクレジットカードを利用するなら、航空系のカードを検討するのがいいのかもしれません。