JCBカード(オリジナルシリーズ)の最高峰となるクレジットカード「JCBザ・クラス

通常、JCBゴールドカード(オリジナルシリーズ)会員にインビテーションが送られるのですが、例外!?として地方銀行から送られてくることがあります。
僕もその一人で、JCBゴールド ザ・プレミア会員になって1年くらい経った頃にインビテーションを頂きました。
見た目、要するにデザインはプロパーのJCBザ・クラスと全く同じで、黒を基調としています。
唯一異なるのは、カードに地方銀行の名前や発行するクレジットカードのブランド名が記載されている点。
年会費も5万円(税別)で、会員向けの優待サービスもプロパーカードと同じ。
ただし、僕が受け取った銀行の場合、その銀行の口座を給与振込に指定すると給与振込の度にOki Dokiポイントがもらえる特典が追加されていました。

もちろん、誰にでも送られるのではなく、その地方銀行が発行するクレジットカードを持っていることが条件です。
一般カードかゴールドカードか、カードの色は関係ありません。
そもそも、地方銀行が発行するクレジットカードには“ゴールド”の設定が無いケースも少なくありませんし。

当初、僕はジェーシービー本社がザ・クラスのインビテーション送付先を選別していると考えていたのですが、実は違うんですよね。
JCBゴールド会員で、ザ・クラス会員に相応しいと判断された場合は“銀行”ではなく、ジェーシービー本社から直接ザ・クラスの案内が届きます。
地方銀行から届いた方は、ジェーシービーの本社とは別のグループ組織がインビテーションの送付先選定に関与しているようです。
株式会社ジェーシービーに後日、直接確認をとったので間違いありません。

インビテーションの送り先、つまりザ・クラス会員に相応しいと判断する詳細な条件は当然教えてもらえませんが、地方銀行からJCBザ・クラスのインビテーションが届くための条件があると思います。
僕自身の経験をまとめると、以下の場合だとザ・クラス会員に選別される確率が高いように感じます。
・地方銀行発行のクレジットカードを保有している。
・当然カードの支払は遅延がなく、毎月コンスタントに利用している。
・毎月の利用金額は関係なく、僕自身の場合は月に5千円くらいしか利用していなかった。
・給与の振込口座に利用していて、1千万円以上の預金があった。

預金額は小さくても月額利用額が大きいとインビテーションが届く可能性が高まるかもしれません。
また、銀行が審査に関与するとすれば、預金残高が大きいとか、年間1千万円を超える給与振込みや雑所得があったりなど、高額のお金が毎月口座に入金されている方などは対象になりやすいのではないでしょうか?
口座情報を見れば、その人の経済力、支払い能力が非常に分かり易いです。

インビテーションを手にした当時、僕はJCBザ・クラスに興味はありましたが、プロパーカードのインビテーションを届くのを待つことにしました。
周りにはJCBザ・クラスを持っている友人も数人いましたが、みんな、カードに地方銀行の名前など刻印されていなかったので、なんとなくプロパーの方がカッコイイのかな?なんて変な受け取り方をしていたので・・。

でも、前述の通り、給与振込でポイントが加算されるとか、プロパーのJCB・ザ・クラスにはない特典があって、その方が自分にとってメリットがある!と感じるなら、地方銀行から届いたインビテーションを通して申込みをしてもいいかと思います。
jcb_class_bank_invi

≫≫JCBザ・クラスの会員特典・サービスの詳細はこちら