三井住友カードが、最大5%還元となる対象店と対象カードを2022年10月1日より拡大しました。
今までは、ナンバーレスなど特定のカード会員のみの特典でしたが、これからは三井住友カード ゴールドなど他のカード会員も対象ショップでは【+4.5%】のポイント還元が期待できます。(決済条件あり)

特定のお店で最大5%還元

三井住友カードのナンバーレスや一部のカードは、対象となるコンビニやマクドナルドで最大5%のポイント還元を受けられる特典が付帯していました。
僕自身、この特典を受けるために、コンビニ専用のクレジットカードとして三井住友カード(NL)を発行した経緯があり、年間1万円を超えるポイント還元を受けています。

この5%還元ですが、三井住友カードの対象カードを持っていない方のために説明すると、5%還元を受けるためには「決済方法」に制約があります。
ごく普通にクレジットカードで買い物をしたり、iDで決裁したのでは「+2%」の還元しか受けられません。
三井住友カードは、基本となるポイント還元率が0.5%ですから「+2%」ということは2.5%ですね。

しかし、クレジットカードのタッチ決済やApple Pay、Google Payを活用し、Visaのタッチ決済またはMastercardコンタクトレスを指定して決済すると「+4.5%」、つまり5%のポイント還元を受けられます。

対象店が増加

2022年10月1日より、今までの対象店舗に加えて、新たに以下のお店が最大5%還元対象店に加わりました。
〇セイコーマート
〇ポプラ
〇すき家
〇ココス
〇サイゼリヤ
〇ドトール
〇エクセルシオールカフェ
〇はま寿司
〇かっぱ寿司
※セイコーマートについては、タイエー、ハマナスクラブ、ハセガワストアも対象です。
※ポプラについては、生活彩家も対象です。

かなり増えましたね。

ココス、サイゼリヤ、はま寿司、かっぱ寿司が追加されたのは、ファミリー層にも嬉しいのではないか?と感じます。

対象カードも増えた

また、今回の改定は、対象店の増加だけじゃなく、「対象カード」も増えました。
いままで、ナンバーレスやカードレスが対象でしたが、2022年10月1日より三井住友カード ゴールドや三井住友カード プラチナなども加わることに。

そもそも、以前から存在する三井住友カード ゴールドやプラチナ会員に、この最大5%還元が付帯していなかったのは、古い会員に失礼ではないか?とも感じていましたが、良い方向に改定となりホッとしました。

ただし、セブン-イレブンなど一部のコンビニでは、最大2%還元にしかならないので、ココが注意。

「なぜ?」という疑問もありますが、三井住友カード会員としては、いずれ最大5%還元に含まれることを強く期待したいと思います。