三菱UFJニコスが発行しているMUFGカード。

2021年夏に「MUFGカード」の名称がなくなり、新たに「三菱UFJカード」として誕生するようです。

カード名称も新しくなるということで、当然、券面デザインもリニューアルとなるほか、タッチ決済機能も搭載され、より利便性が向上しますね。

MUFGゴールドに該当するグレードがなくなる

MUFGカードは、他社と比べても非常に早い段階で格安のゴールドカードである、MUFGゴールドを発行しました。
発行当時は、年会費2000円という、ゴールドカードとしては驚異的な価格設定で話題を呼びましたが、年を追うごとに人気に陰りが出始めたようです。
このMUFGゴールドは、優待内容に乏しく、価格設定上、どうしようもないといえばその通りなのですが、ちょっと中途半端なクレジットカード。
安かろう悪かろうでは、新規会員を集められないということですね。

そのMUFGゴールドは、今夏には廃止となり、「三菱UFJカード」のラインナップは、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの3タイプに絞られるようです。

個人的には無難な設定ではないかと思います。

また、優待特典がどうリニューアルされるのか、個人的には関心がありますが、とくにゴールドカードには何か、他社と比べたセールスポイントをしっかりと付け、差別化を図ってもらいたいものです。

今の国内で発行されている年会費1万円程度のゴールドカードは、ちょっと中途半端な存在で、空港ラウンジを除いて、これといったセールスポイントがないように感じます。グルメ系優待が豊富なJCBゴールドや、グルメもレジャー施設も全国1万ヵ所で利用可能な優待を備えたエポスゴールドカードのように、会員が興味を抱くような優待サービスが欲しいですね。

詳細は不明ですが、この機会にぜひ、三菱UFJニコスにはフルモデルチェンジを期待しています。