ダイナースクラブカードが、Apple Pay利用でお得なキャンペーンを開始しました。

先着10,000名なので、早めの登録が大事ですね。

先着1万名限定!Apple Pay利用でもれなくキャッシュバック!

今回、実施したダイナースクラブ会員向けのキャンペーンですが、その見出しをみると、以下のようになっています。

【先着10,000名限定】
Apple Payをつかうほど、
キャッシュバック額UPのチャンス
もれなく30%キャッシュバック

通常、他社でもカード会社が行う「〇〇%キャッシュバック」というキャンペーンには、上限金額が設けられているのが常ですが、今回のダイナースクラブ会員向けのキャンペーンは上限金額が「1万円」となります。
この上限金額は、正直魅力的、嬉しい設定です。

最近は、上限1,000円とか3,000円とか、下手をすれば〇百円というキャンペーンも多く見かけますので。。

さて、ダイナースクラブカードの今回のキャンペーンですが、おそらく、多くの方は【利用金額の30%】には該当しません。

キャンペーンで受け取れる金額を下表にまとめますが、参加登録した1万名のうち、“何位”なのかでキャッシュバックされる金額が異なります。
最大の1万円のキャッシュバックを受け取るためには、期間中の利用金額が上位1,000位以内に滑り込む必要がありますが、そうなると、より多くのApple Pay利用が求められます。

順位 最大キャッシュバック金額
1~1,000位 10,000円
1,001~3,000位 5,000円
3,001~10,000位 3,000円

1万円キャッシュバックを受け取るには最低でも10万円以上の利用!?

僕自身が普段利用するスーパーおよびドラッグストアは、いずれもApple Payに対応しています。

ざっくりとではありますが、一般の家庭の場合、毎月スーパーやドラッグストアで少なくとも5万円は利用するのではないかな?と感じます。
独身の方であっても、コンビニでお弁当を買う機会が多いなんて方は、毎月の食費で5万円は利用するのではないでしょうか?

キャンペーン期間は、2ヶ月半であることを考えると、多くの会員は、おそらく期間内に10万円は利用するのではないか?と感じます。

つまり、上位1,000位以内に食い込むためには、10万円以上の利用は必須ではないか、と。

ほとんどのエントリーした会員が10万円を利用したとすると、3,000円のキャッシュバック、ということも考えられます。

QUICPayを利用できるお店は、スーパーやコンビニ、ドラッグストア以外では、ビックカメラなどの家電量販店もあります。
キャンペーン期間中に、そこそこの値段がする家電をQUICPayで購入すれば、1万円を近くに引き寄せられるかもしれません。
そのほか、チェーン展開している居酒屋でも利用できるお店があります。高級飲食店では、QUICPayを利用できるお店はほぼないですが、家族や仕事仲間と行くようなチェーン展開している居酒屋を利用するケースが多い方は、1万円のチャンスかもしれませんね。
期間中、20万円の利用なら、少なくとも上位3,000位以内に食い込む可能性も高まるように感じます。

30%狙いで期間中1万円利用という手もある

逆に、1万円を狙うのではなく、最初から3,000円を狙うという方法もあるかもしれません。

たとえば、期間中に10,000円利用したとすると、十中八九、受け取れるキャッシュバックは3,000円のように感じます。
金額は小さいかもしれませんが、“キャッシュバック率”でみると「30%」と、今回のキャンペーンのMAXとなります。

なので、割り切って3,000円キャッシュバックを狙う、という方法もあるように思います。

あなたは、いくらのキャッシュバックを狙いますか?