ラグジュアリーカードには、「ラウンジアワー」という優待特典が付帯しています。

これは、対象となるカフェやバーを優待料金で利用できる、かなりお得な優待特典です。

今回、バーの優待を利用してきたので、ちょっと紹介させていただきます。

Peterでアルコール2杯+ポテトで3,000円はお得!

行ってきたのは、ザ・ペニンシュラ東京の24FにあるPeterです。

こちらは、ザ・ペニンシュラ東京のロビー階から直通エレベーターが用意されています。
客室用のエレベーターからはPeterへ行けませんので、ザ・ペニンシュラ東京に宿泊した方も一度ロビー階に降りて、エレベーターを乗り換える必要があります。

Perterの入り口はこんな感じ。

紫色の照明が、独特の空間を創り出しています。

僕は、カウンター席を希望しましたが、日比谷公園や皇居外苑を望むことができる席も用意されています。
ちなみに、予約不要で利用できます。

ラウンジアワーを利用するには、入店時にその旨を伝え、ラグジュアリーカードを提示する必要があります。

これは、2022年3月現在休止中の「ソーシャルアワー」でも同じことが言えます。

Perterでは、ワイン(白・赤)、シャンパン、ビールからお好きなものを2つ。それにPeterオリジナルのフライドポテトが付いてきます。
これで、税金・サービス料込みで3,000円。

ラグジュアリーカードのラウンジアワーは、ハイクラスなホテルのバーが対象となっているケースが多いので数が、いずれも3,000円前後の料金設定。

正直、ありえない、金額です。

ちなみに、僕は昼間もラウンジアワーを利用したことがありますが、一般の方は入店できない、会員制のお店でした。

ラウンジアワー、本当にお得です。

話を戻して、赤ワインを最初に1杯オーダー。

カウンター内のようすも写りこんでいますが、独特の雰囲気ですよね、Perter。

この赤ワイン、銘柄は不明ですが美味しくいただきました。

なので、2杯目も同じものをいただくことに。

ちなみに、この日、本当は知人と仕事の打ち合わせをする予定だったんです。Perterで。

だけど、当日のお昼に急遽連絡がきて、急用で行けないので、リスケして欲しいと。
事情を聞いたら、仕事どころじゃないので、「今日はいいから、そっちを優先しな」と伝えて、結局、一人での利用となりました。

ラウンジアワーは、2022年3月時点で、アンダーズ東京のように、1名でしか利用できないバーもありますが、多くは同伴者を含む2名での利用が可能です。
雰囲気のいいお店ばかりなので、彼女や奥さんと利用するのにも適しています。

また、ザ・ペニンシュラ東京のPeterやザ・プリンスギャラリー紀尾井町のように、2名までしか利用できないバーもありますが、ほとんどが同伴者を含めて3名でも利用可能となっているので、友達同士のグループ利用もOK!
なお、繁忙時や混雑しているときは、入店を制限しているので、ちょっと要注意ですね。

1杯目のワインを飲んでいると、Peterスタイルフライドポテトが到着。

このポテト、すごくないですか??
量もスゴイんだけど、そもそも、升に入ったフライドポテトって、ここ以外で出てきたことないです。

僕、フードロスを気にしていることもあるけど、せっかく作っていただいた料理を残すのは、基本的に好きじゃないんですよ。

だけど、この量はね。。。

結構、頑張ったんですが、そんなおなか空いている状態で行ったワケでもないので、かなり苦戦しました。

ですが。。。結局残しました。。。

お店の方には、食べきれなかった旨を詫びて、お店を後にしました。

このラウンジアワー、バーの対象店は、東京都のほか、大阪、京都、名古屋、神戸、横浜にもあります。

料金的にも非常に魅力なので、ぜひ、ラグジュアリーカード会員は利用してみてはいかがでしょうか。

ラグジュアリーカードの優待サービス等はこちら

法人決済用の優待サービスはこちら