毎年1度、JCB THE CLASS会員が受け取れる特典、「メンバーズセレクション」

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で国内の2大テーマパークが休園しており、こんなところでJCB THE CLASS会員にも影響が及んでいます。

JCBから届いたパークチケットやスタジオパスはどうなる?

メンバーズセレクションの対象商品には、東京ディズニーリゾートのパークチケットや、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスタジオパスも含まれています。
これらのチケットは、有効期間内であればいつでも利用可能ですが、日本で人気の2大テーマパークは新型コロナウイルスの影響で3月から休園。

4月に入り、国が非常事態宣言を発令しましたが、当然のように東京ディズニーリゾートもユニバーサル・スタジオ・ジャパンも、休園期間を延長。

4月13日の時点で、USJは5月中旬以降に休業期間を延長、東京ディズニーリゾートは5月中旬に再開を判断するとしていますが、どう考えても5月中の再開は無理だろうと感じるのは、僕だけではないはず。
そもそも、諸外国の状況をみても、国内の感染者数は5月中旬になっても落ち着くとうは到底考えられません。
しかも、日本は中国や欧米と比べて法的な規制が甘く、感染拡大都市のロックダウンは実施できず、自粛も「お願いベース」でしかありません。


さらに、感染拡大に落ち着きを見せ始めた中国で、人気の観光地を無料再開したら、とんでもない人波が押し寄せた報道をみると、東京ディズニーリゾートやUSJで再開したら多くの人が押し寄せる懸念もあります。
となると、折角収束を見せた日本も、感染が拡がる懸念があることも事実。

こう考えると、感染拡大のピークを過ぎたとしても、よほどの理由がないと安易な再開判断は運営者の社会的責任が問われます。
非常事態宣言が発令される1ヶ月前から、東京ディズニーリゾートもUSJも休園に踏み切っていますからね。

さてさて、となるとJCB THE CLASS会員が受け取った、東京ディズニーリゾートやUSJのチケットはどうなるのか?
これについては、チケットの有効期限が延期の措置がとられています。
たとえば、東京ディズニーリゾートのパークチケットの場合、2020年2月~5月に有効期限を迎える場合、手数料無料でジェーシービーが新しいチケットに交換してくれます。
新しいチケットの有効期限は2021年3月31日。

他の商品に交換は不可能

僕は家族でUSJに行こうと、メンバーズセレクションからスタジオパスをセレクトしました。
申込みをしたのは1月。まだ、武漢での報道もなされる前のことです。
有効期限はおそらく10月ですが、ジェーシービーから届いた封筒を開封していないので、多少の誤差があるかもしれません。

個人的な推測でしかありませんが、新型コロナウイルスの影響は長期戦になる覚悟をしています。
年内に収束しているといった楽観視はしていません。

なので、コンシェルジュに電話をして、2019年度のメンバーズセレクションを他の商品に交換して欲しい旨を伝えました。
ジェーシービーから届いた封筒が未開封で手元にあるので、そのまま送り返したいと。

しかし、これに関するコンシェルジュの返答は「No!」。
いやぁ、残念。色々話をしましたが、無理でした。

こちらは、子どもらを連れて行く予定なんです。
感染するかもしれない場所へ、安全性が確保されていない場所へ、どうして子どもらを連れていくことができるのか?

ジェーシービーには、もう少し自由度の高い対応をしていただきたかった、というのが本音です。