プラチナカードの中には、ポイント還元率の高さを前面に出しているカードが存在します。

また、プラチナカードを持っている方の中にも、高いポイント還元率にメリットを感じ、付帯する優待特典を利用しない方もいます。

ポイント還元率の高さのみに期待するなら年会費無料カードで十分

僕の個人的な意見ですが、ポイント還元率の高さのみに期待するなら、年会費無料のクレジットカードで十分であり、これには勝てません。
年会費2万円とか5万円支払ってポイント還元率1%とか2%のクレジットカードを持ったところで、年会費を差っ引けば実質的な年会費はダウンします。

それなら、年会費無料でポイント還元率1%のクレジットカードを持った方がいいのではないかな?と。

楽天カードやYahoo!JAPANカードなど、ポイント還元率1%以上を誇るクレジットカードは、年会費無料の中に複数存在します。
これらのカードで十分です。

プラチナカードに期待するのは付帯特典

プラチナカードに期待するのは、基本的に、そこに付帯されている優待特典、サービスです。

海外の空港ラウンジを無料で利用出来たり、1万円以上のコース料理を無料で予約出来たり、高級ホテルや旅館を優待特典付きで利用出来たり、国際線利用時に手荷物を無料で宅配してくれたり・・・。
なかには、対象飲食店で食事の予約をするとリムジンで送迎してくれたり、USJで優先搭乗を受けられるクレジットカードなどもあります。

そのほか、アメックスプラチナダイナースプレミアムのように、特定のホテルグループで上級メンバーシップに無料登録できるクレジットカードも存在します。

こういった、ステータス性の高いクレジットカードならではの優待特典を多く活用することで、年会費以上のメリットを感じることができます。

もちろん、普段は全く高いホテルに宿泊したり、高級飲食店で食事したりすることのない方には不要な存在であり、背伸びして入会する必要などありません。
メリットを感じないのであれば、年会費無料のクレジットカードで十分だと、僕は思います。

もし、空港ラウンジを利用したり、それなりに厚い補償が付帯したクレジットカードが欲しいなら、ゴールドカードに入会すればいいだけ。
プラスアルファで高ポイント還元率を求めるなら、ポイント還元率1%以上を誇るゴールドカードに入会すればよいかと思います。

自分に必要なものを見極める重要性

重要なのは、自分にとって何が必要か?をキチンと見極めることです。
不要な優待特典しか付いていないなら、プラチナカードに入会する必要などありません。
空港ラウンジも利用しないし、旅行にも行かないから付帯保険もどうでもいい、というなら年会費無料のクレジットカードで、全く問題ありません。

利用限度額が一般的に高く設定されるのは、ゴールドカード以上の魅力でもありますが、僕自身、保有する年会費無料のクレジットカードの中に利用限度額が100万円を超えているカードも複数ありますし、そもそも限度額を超える支出が予想されるならカード会社に電話して一時的に利用限度額を引き上げてもらえば済む話です。
僕は三井住友ゴールドカードを保有している時代に、100万円の限度額を150万円まで一時的に引き上げてもらった経験がありますが、審査などなく電話であっという間に決まりました。
しかも、僕自身「120万円」の希望を出したのですが、用途を伝えるとオペレーターの方が「では余裕を見て150万円としませんか?」と提案してきました。
ものすごく簡単です。

自分が最もベネフィットを感じるのは何なのか?

これをしっかり見極めて、より生活が豊かになるクレジットカードをぜひ探してもらいたいと思います。