家族で飛行機を利用した旅行や帰省の際、空港ラウンジを利用できたらいいですよね?

僕も子どもがいるんですが、空港ラウンジを無料で利用できるなら、ジュース代もかかりません。

同伴者1名まで無料で空港ラウンジを利用できるのは当たり前じゃない

ゴールドカードやプラチナカードといった、プレミアムカードにはほとんどの場合、国内の空港ラウンジを無料で利用できる特典が付帯しています。
しかし、本会員および家族会員のみとしているケースが少なくない。

ニコスが発行するMUFGプラチナアメックスや、クレディセゾンが発行するセゾンプラチナアメックスなんか、“プラチナカード”であるにもかかわらず、家族会員を含むカード会員のみ無料で、同伴者が空港ラウンジを利用するには別途料金が発生します。

家族で旅行や帰省することを考慮すれば、空港ラウンジを家族で無料利用できるプラチナカードを選ぶ、という方法もあるかもしれません。
いや、家族がいるなら、この優待特典はあったほうが絶対にベターです。

ということで、今日は、同伴者も無料で空港ラウンジを利用できるプラチナカードをいくつか紹介したいと思います。

ただし、国内空港ラウンジを同伴者も無料で利用可能なクレジットカードは、【同伴者1名まで】となっています。
残念ながら、夫婦でプレミアムカードをお持ちであっても、お子さんを無料でラウンジへお連れできるのは、それぞれ1名ずつ合計2名までとなります。
3名以上のお子さんがいる方は、一部有料での利用となりますので、ご注意ください。

JCB THE CLASS

まずは、ジェーシービーが発行する年会費5万円(税別)のJCB THE CLASS。
完全招待制を貫く、今となっては数少ないプラチナカードで、プレミアム性は抜群といっていい存在。
昔は、既存のゴールドカード会員がジェーシービーに電話して「JCB THE CLASSへ入会したいです!」と懇願すれば、入会申込書を送付してくれるケースもありましたが、今はありません。
そのJCB THE CLASSは、同伴者1名まで無料で空港ラウンジを利用可能です。

JCB THE CLASSの詳細はこちら

三井住友プラチナカード

続いてはVisaカードで有名な三井住友カードが発行する三井住友プラチナカード。
年会費は5万円(税別)。
昔は招待制でしたが、もう何年も前から新規入会申込みを受け付けています。
こちらも同伴者1名まで無料となっており、夫婦でカードをお持ちなら2名まで同伴者が無料になります。
ちなみに、三井住友VISAゴールドカードも同伴者1名まで無料となっていて、夫婦でゴールドカードを持ち年会費優遇特典を利用すれば年会費4,000円(税別)で4名無料で国内空港ラウンジを利用可能という、非常のコスパに優れたゴールドカードとなります。

三井住友プラチナカードの詳細はこちら

三井住友プラチナカード申込みページはこちら(公式サイト)

エポスプラチナ

エポスカードのプラチナは年会費3万円(税別)のプラチナカード。
こちらも同伴者1名まで無料で国内空港ラウンジを利用可能です。
数年前になるけど、僕自身、エポスカードで年会費無料のクレジットカードを作り、1年後にゴールドカードの案内が届きました。
今でもそうですが、ゴールドカードの案内が届いた方は、永年無料でエポスゴールドを持つことができます。
さらに、エポスゴールドを使っていると、また1年で今度はプラチナの案内が届きました。
プラチナの案内が届いた方は、年会費2万円でエポスプラチナを取得することが可能です。
手順がありますが、コスパの高さは非常に高いプラチナだと思っています。

エポスプラチナカードの詳細はこちら

アメックス・プラチナ

年会費13万円(税別)のアメックスプラチナも同伴者1名まで無料となるプラチナカード。
ちなみに、アメックスはゴールドカードも同伴者1名無料です。

アメックスプラチナの詳細はこちら

アメックスプラチナ申込みページはこちら(公式サイト)

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブの最高峰となるプレミアムカードは、年会費13万円と高額にもかかわらず、同伴者は有料となっていました。
アメックスは以前からゴールドカード会員も同伴者無料だったのに。
しかし、2019年4月1日より同伴者1名まで無料となりました。

ダイナースクラブ プレミアムカードの詳細はこちら

ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードは、ベーシックタイプのTITANIUM CARD(年会費5万円/税別)を含めて、すべてのカードで同伴者1名も無料で空港ラウンジを利用可能です。

ラグジュアリーカードの詳細はこちら

年会費5万円以上のクレジットカードなら同伴者1名無料

子ども連れの家族にもうれしい同伴者も空港ラウンジを利用できるクレジットカードを紹介しましたが、2019年4月現在では年会費5万円以上のプラチナカードだと、同伴者も1名までは無料で利用可能であるといえそうです。
加えて、三井住友VISAゴールドカードは、年会費優遇を利用することになりますが4,000円(税別)という低価格ながらもコスパの優れたゴールドカードと言えます。

三井住友ゴールドカード公式サイトはこちら