2022年11月、PayPayカードに“ゴールドカード”が加わりました。

年会費は11,000円で、最近、一部で流行っている!?一定条件クリアで年会費が翌年以降永年無料などの優遇特典は付帯していませんが、スペック的にはゴールドカードらしい1枚となっています。

高還元率のゴールドカード

PayPayカード ゴールドは、ポイント還元率1.5%と、一般カードであるPayPayカードの1%よりも高い還元率となっています。
PayPayポイントとして、付与されるのでPayPayをよく利用されている方にはメリットが高いですし、PayPayを利用できるお店もかなり多いので、「利便性」という点でもGoodです。

デザインも個人的には好みですね。

ソフトバンクおよびワイモバイルユーザーにメリット

何と言っても大きなメリットを受けるのが、ソフトバンクユーザー。
携帯料金1,000円(税抜き)に対してポイントが付与されますが、最大10%のポイント還元となります。

端末代金やオプション料、事務手数料などは対象外ですが、10%の還元は大きいです。

また、SontBank光/Airでも最大10%還元、自然でんきは最大3%の還元を受けられます。
※それぞれ注意事項がありますので、詳細は公式サイトにて確認してください。

一方、ワイモバイルユーザーですが、こちらは携帯料金に対して3%のポイント還元。
還元率は低いですが、ワイモバイルユーザーもSontBank光/Airの料金が最大10%還元となりますし、自然でんきも最大3%還元。
携帯料金と合わせてこれらの契約もしているのであれば、年間で大きなメリットを受けられます。

ソフトバンクユーザー以外でもおすすめ

他にゴールドカードを持っていないなら、PayPayカード ゴールドは検討候補に挙がる1枚です。
ポイント還元率1.5%は他のクレジットカードと比べても高いですし、水道光熱費などの支払いでも還元率は低下しません。

また、現在、Yahoo!プレミアム会員になっているなら、さらにおすすめ。
ソフトバンクやワイモバイルユーザー以外の方がYahoo!プレミアム会員になる場合、月額508円の費用が課せられますが、PayPayカード ゴールドに入会すると、無料でYahoo!プレミアムの特典を得られます。

僕自身、有料でYahoo!プレミアム会員になっており、プロ野球をネットで観戦したりしています。
地上波では21時前に中継終了となりますが、ネットだと試合終了まで観戦できるので、僕自身にとっては嬉しい特典です。

また、僕は楽天市場を利用することがほぼ無い一方で、Yahoo!ショッピングはよく利用しています。
Yahoo!プレミアム会員になると、Yahoo!ショッピングやLOHACOではプラス2%のポイント付与を受けられるので、年間でそれなりのポイントを獲得しています。

そのYahoo!プレミアム会員を無料で得られるのは大きい。
月額508円ということは、年間で6,096円の支払い。
となると、年会費11,000円との差額は5,000円弱となるワケですが、他にゴールドカードやプラチナカードを持っていないのであれば、PayPayカード ゴールドを持つことで、空港ラウンジサービスが利用できます。

自動付帯の海外旅行傷害保険

最高1億円まで補償する海外旅行傷害保険。しかも自動付帯です。
国内旅行傷害保険は、利用付帯となりますが、最高5000万円まで補償。

そのほか、年間最高300万円まで補償するショッピングガード保険も付帯。

「ゴールドカード」と言いながら、補償内容の小さい、若しくは動産総合保険が付帯していないクレジットカードなんかも最近はよく見ますが、PayPayカード ゴールドはフルスペックのゴールドカードです。

これ1枚で安心して旅行に行ったり、買い物をしたりできるのは、ゴールドカードらしい1枚と言えるでしょう。