年会費2万円のプラチナカードはいくつか市場に出ていますが、選ぶならセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス)かMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、MUFGプラチナ・アメックス)のいずれか、というのが個人的な見解。
他にもEPOSとかレクサスとか銀行が発行するプラチナとか、いろいろありますが会員向けサービスの充実度を考えたら2枚に絞られると思っています。

 

 

知名度も高いMUFGカードのプラチナ

まず、MUFGカード・プラチナ・アメックス。

飛行機に乗る機会が多い方なら、良く広告を見かけると思います。

このプラチナカードは発行されてから比較的新しい部類で、発行開始当初は正直大した魅力を感じなかったカード。

年会費2万円や当初からの設定で、「これは安い!」と感じたのは確かですが、会員向けのサービスをよくよく読んでいくと、最後には「まぁ、2万円なりのプラチナカードかな」と思いました。

 

ただ、数年後に再度、優待特典等を見ていくと、発行当初は付帯していなかったサービスがいくつか付帯。

いろいろ調べていくと、発行元である三菱UFJニコスは会員の声をフィードバックさせて定期的にサービスの見直しをしているとのこと。

 

若干上から目線でニコスさんには申し訳ありませんが、これには感心しました。

 

三菱UFJニコスといえば誰もが知る大手カード会社ですから。

顧客満足度を重要視してサービスを提供しているのは、会員にとってはありがたいことです。

 

今現在は、間違いなくおすすめの1枚。

そのMUFGカード・プラチナ・アメックスの主な会員向けサービスは、

・プラチナ・コンシェルジュサービス

・プライオリティ・パス プレステージ会員

・スーペリア・エキスペリエンス(ホテルやレストラン、スパ等の優待)

・プラチナ・グルメセレクション(2名以上の予約で1名分のコースメニューが無料)

・ハーツGoldプラス・リワーズ(海外レンタカーの優待。国内ではトヨタレンタカーも優待)

・充実の保険(海外/国内旅行傷害保険、海外/国内渡航便遅延保険、ショッピング保険、犯罪被害傷害保険)

 

これで、年会費2万円は“お得”の一言と言えるでしょう。

 

充実すぎる優待特典!セゾンのプラチナ・ビジネス

続いてセゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス。

こちらは1~2年前に券面デザインがリニューアルされたのですが、個人的には以前のデザインよりも好きです。

クレディセゾンでは個人専用のプラチナカード(招待性)も用意していますが、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックスは個人事業主や経営者はもちろん、一般の会社員の方でも作ることが可能です。

主なサービスは、

・ビジネス・アドバンテージ(会社の備品やレンタカーなどの優待)

・リーガルプロテクト優待(法人向け顧問弁護士サービス)

・プライオリティ・パス プレステージ会員

・ハイヤー送迎(対象空港と対象地域間をベンツS550やBMW アクティブ・ハイブリッドなどの高級車で優待料金にて送迎)

・オントレ(ホテル、ダイニング、スパ、ショッピング等の優待)

・スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(世界の高級ホテルの優待)

・セゾンプレミアムゴルフサービス(スポニチゴルファーズ倶楽部に入会金無料で入会)

・コンシェルジュ・サービス

・弁護士紹介サービス

 

これ以外にもたくさんの会員向けサービスを提供するセゾン・プラチナ・ビジネス・アメックスですが、一定条件クリアで年会費が優遇されます。

これは、他社のプラチナカードにはない特典で、内容は

「年間200万円以上カードを利用すると、次年度年会費を10,000円(税抜き)に優遇する」

というもの。

 

プラチナカードが年会費1万円で持てるっていうのは、サービス内容を考えたら、もの凄いコストパフォーマンス。

前述の通り、個人でも持てますが“ビジネス”として利用する方なら、年間200万円は決して高いハードルではないのではないでしょうか?

プラチナカードの中でもお勧め度はピカイチです。

≫≫セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックスの会員特典について

 

年会費2万円のプラチナカードなんて、5万円以上のプラチナカードと比べてステータスが低いんじゃないの?なんて不安をお持ちの方、決してそんなことはありませんよ。

コスト(年会費)と受け取るベネフィット(優待特典)を天秤にかけたら、このページで紹介した2枚は間違いなく年会費以上の恩恵を受ける選択となります。

大事なのは中身ではないでしょうか?