アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの審査とメリットについて

上質のサービスと、T&Eの多彩な優待特典を備えたゴールドカードく

アメックスゴールド ページトップのイメージ画像 スマホ用ページトップのイメージ画像

旅行&エンターテイメントに強いゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下、アメックスゴールドと記載します)は年会費が31,900円(税込)と、他社のスタンダードタイプのゴールドカードと比べて約3倍。

この「年会費の高さ」だけに目が行き、アメックスゴールドが選択肢のテーブルに上がらない人も多いでしょうが、かつて利用していた自分としては、【価格相応】のカードだと思っています。
一昔前は年会費が26,000円と今より安かったのですが、現在の年会費にアップした際、家族カード1枚が無料になったり優待サービスがグレードアップしたりと、逆にコスパに優れるカードになりました。
単なる決済手段として利用するだけなら、他社のゴールドカードでもいいのでしょうが、“付帯サービスの本質”にこだわるなら、アメックスゴールドは最善の選択候補として間違いなく挙がってきます。

では、具体的に「年会費11,000円の他社ゴールドカードと比べて、メリットは何なのか?」という点が、多くの方の疑問でしょう。
「元は取れるのか?」という点ですね。

結論から言うと、元を取りやすい方は、少々贅沢な会食をする機会のある方、旅行が好きでラグジュアリーなホテルに泊まる機会がある方、年間利用金額が大きく航空機を利用する機会の多い方の3タイプ。
もちろん、これ以外にも元を取るパターンはありますが、個人的にはこの3タイプが大きな柱になると思います。

アメックスゴールドの新規入会キャンペーン スマホ用アメックスゴールドの新規入会キャンペーン

グルメ系優待で年会費の元を取る

アメックスゴールドには、他社ゴールドカードにない特典として、2名以上でコース料理を予約すると1名分が無料になる優待が付いています。通常、他社では“プラチナカード”に付帯している特典。
対象となる店舗は国内外約250店で、コース料理の値段は1万円~2万円の間での設定が多いです。(2021年より、ハワイやシンガポール、台湾にも対象店舗が追加されました。)
たとえば、恋人同士や夫婦で年に3回利用すれば、それだけで年会費の元を取れる計算。

ホテル系優待で元を取る

次に旅行関連ですが、アメックスゴールドは、2021年2月より、ゴールドカード継続特典として【国内対象ホテル2泊以上の予約に使える15,000円クーポン】のプレゼントを開始しました。
対象ホテルは、2021年7月時点で以下となっています。

・ANAインターコンチネンタル東京
・ザ・キャピトルホテル東急
・ザ・プリンスさくらタワー東京、オートグラフ コレクション
・ザ・プリンスパークタワー東京
・ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
・ヒルトン東京
・帝国ホテル 東京 インペリアルフロア
・東京ステーションホテル
・ホテルインディゴ箱根強羅
・ハイアットリージェンシー京都
・ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド 沖縄

帝国ホテル東京の正面入り口

※帝国ホテル東京


また、【ザ・ホテル・コレクション】は、厳選された600以上のホテルを優待料金で宿泊できる特典で、2泊以上の予約で以下の特典が付帯します。

・館内施設のご利用代金より100米ドル相当割引
・チェックイン時の空室状況により、お部屋をアップグレード

いずれもラグジュアリーな(ハイクラスな)ホテルが対象となっているので、少々お金を支払っても広くてスタッフの対応が素晴らしいホテルに泊まりたい!という方にはおすすめのゴールドカード。これ以外にもトラベル系の優待特典は付帯していますが、これらを駆使すれば、年会費の高さは気にならないと思います。

アメックスゴールド

マイルへの移行で元を取る

最後に、カードの利用で貯めたポイントで年会費の元を取るケースですが、アメックスゴールドの場合、航空会社のマイルに移行するのが一番です。
というか、これ以外のポイント利用は考えられません。

ただし、年間で少なくとも200万円程度以上の利用が望ましいです。
詳細は後述しますが、アメックスのプロパーカードは、年間参加費3,300円(税込)を支払ってポイント還元率が高くなる「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録する方が多いと思います。還元率が2倍になったりするので、参加しない手はありません。加えて、ANAのマイルへポイント移行する場合は、「メンバーシップ・リワード・ANAコース」への登録が必要で、こちらが年間参加費5,500円(税込)。
とにかくお金がかかるのが、アメックスゴールドです。(-_-;)
全てを合算すると、40,700円(税込)・・・。

項目 費用 備考
年会費 31,900円(税込)
メンバーシップ・
リワード・プラス
3,300円(税込) ポイントが貯まりやすくなる
ポイントの有効期限が無期限
2年目以降は自動更新
メンバーシップ・
リワード・ANAコース
5,500円(税込) ANAマイルに移行するために必要
2年目以降は自動更新
合計 40,700円(税込)

年間200万円の利用があれば、2万ポイント=2万マイル相当。
羽田ー新千歳、羽田ー沖縄などの特典航空券と交換できます。
1万マイルで移動可能な空港間なら2往復分で、4~5万円の価値はあると言えるので、年会費以上ですね。



T&Eに強いアメリカンエキスプレスカード

アメックスはT&Eに強いと言われますが、このゴールドカードは、その代表的なカード。
そもそも、アメリカン・エキスプレスという会社について、“金融業”というイメージを持っている方が多いですが、もともと駅馬車事業者として事業を始めた会社。

つまり、輸送業。

その後、グローバル的な旅行業に発展し、金融業も始めました。
本業が旅行業であるため、米国の本社では旅行雑誌も発行しています。

このため、旅行やイベント関係にはめっぽう強く、非日常的な感動体験を与えてくれるのが、アメックスの真髄。
たとえば旅行だったら「オーロラを見たい」とか「ホエールウォッチングがしたい」などの要望を伝えると、それに沿ったプランを提示してくれます。
もちろん、予算も相談に乗ってくれます。
会員向けのイベントはスポーツ・音楽・文化等、年間を通じて多数開催していますが、参加した会員が感動するような趣向を凝らした内容が目を引き、他社が開催する会員向けイベントとは一線を画す企画となっています。会員を感動させる仕掛けが、本当に上手なカード会社です。

各種イベントへ足を運んだり、旅行が好きな方、海外へ行くことが多い方などには、快適で上質な旅をサポートしてくれるサービス・補償が多く、このカードのメリットを感じることができるでしょう。
決済は副次的な機能と捉え、入会後は、ぜひ、アメックスゴールドに秘められた上質な体験を味わっていただきたいと思います。

なお、アメックスのプラチナカードを目指すなら、ゴールドカードまたはグリーンカードへの入会が原則となります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックス・ゴールドカードの券面画像 年会費 本会員 31,900円(税込)
家族会員 1名無料、2名目から1名につき13,200円(税込)
入会基準 20歳以上で定職がある方
カードブランド アメックスブランドのロゴ
アメックス公式サイト

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの審査について

入会基準は「20歳以上で日本国内に定住所を持ち、定職のある方」とされています。
年収500万円未満でも審査に通った例は多くありますが、会員ごとに個別に設定される利用限度額が低く抑えられるので、年収が高くない方で、たとえば「100万円の利用限度額をすぐに欲しい!」というような方は、別なカードの申込みを検討することをおすすめします。

ただし、他社のゴールドカードと異なり、たとえ入会時の利用限度額が低くても、毎月コンスタントに利用し続ければ、確実に利用限度額は上がっていきます。他社を凌ぐほどに。
一般的なゴールドカードは、数年経っても利用限度額がアップしないことが多いですが、アメックスゴールドの場合はこまめに(数か月単位で)上限アップが繰り返され、自身の経験上、1~2年後には200~300万円を超える利用限度額を付与されるケースが多いと感じます。
1,000万円を超える限度額が与えられる人もいるなど、この辺はアメックスならでは。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの主な会員特典

ポイントプログラム

アメリカン・エキスプレス・カードをショッピングで利用すると、100円=1ポイントが貯まります。さらに、年間参加費3,300円(税込)を支払って「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると、ポイントの有効期限が無期限(デフォルトは有効期限3年)になるほか、提携各社へポイント移行する際のレートが大きくアップするメリットがあります。
さらに、メンバーシップ・リワード・プラスに登録した方は「ボーナスポイントプログラム」に登録(無料)でき、Yahoo!ショッピングやPayPayモール、amazon.co.jp、ヨドバシカメラ、HISなどでの利用分に対して+2ポイントがボーナスとして付与されます。
つまり、通常「100円=1pt」のところ「100円=3pt」になるのです。冷蔵庫やテレビなど20万円の商品を購入したとすると、6,000pt(=6,000マイル相当)を獲得できるワケですから、これはかなり大きいといえます。

貯めたポイントは、500以上の厳選されたアイテムや商品券との交換、ANAなどの提携航空会社のマイルへの移行、提携ホテル・グループへのポイント移行などに利用できます。
※ANAへのポイント移行は、別途、参加登録費(年間5,500円(税込))が必要です。

保険・補償

旅行傷害保険

航空券やツアー料金をアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで支払うことで、最高1億円まで補償する海外旅行傷害保険、最高5,000万円まで補償する国内旅行傷害保険を付帯してます。

様々なプロテクション

ネット上での不正使用による損害を全額補償する「オンライン・プロテクション」、

急な出張や突然の病気・ケガによる入院などで、予約していた旅行やコンサート等をやむを得ずキャンセルする場合、キャンセル費用などの損害を補償してくれる「キャンセル・プロテクション」(1,000円またはキャンセル費用の10%のいずれか高い額が自己負担となります。)

国内外を問わず、カードで購入した商品が、万が一、破損・盗難・火災等にあった場合、購入日から90日以内であれば、年間最高500万円まで補償する「ショッピング・プロテクション」(1事故につき、自己負担1万円)

アメリカン・エキスプレス・カードで購入した商品の返品を万一購入店が受付けない場合に、購入日から90日以内であればアメリカン・エキスプレスが購入代金を払い戻す「リターン・プロテクション」(1商品につき、最高3万円相当額まで、年間最高15万円相当額まで)

といった安心のプロテクションが付帯しています。

メンバーシップ・サービス・センター

請求金額や各種サービスのお問い合わせに応えてくれる「メンバーシップ・サービス・センター」
平日9~17時までは担当者が応答、それ以外の時間および土日祝は自動音声での応答となりますが、緊急時は24時間年中無休で承っています。
実は、過去、緊急事態が発生してアメックスに電話をした結果、ドクターヘリで運ばれた事例もあり、万一の際でも頼りになるのがアメックスカード。
この「安心」という、価格では表せない部分を秘めているのもアメックスの大きな魅力です。

旅行

メンバーシップ・トラベル・サービス(ゴールドデスク)

経験豊富なトラベル・コンサルタントが、日本発着の格安航空券を含む国際航空券、海外ホテルの予約・手配(優待特典を用意)、レンタカーや鉄道の手配、パッケージツアー、国内の航空券・宿泊先の手配を承ってくれます。
パッケージツアーは、希望に沿ったツアーを探して手配してくれます。
予約・購入したチケットや予約確認書類は、自宅へ送ってくれるなど、アメックスらしいきめ細かなサービスが待っています。

エアポート送迎

海外旅行へ出発する際および帰国した際に、提携タクシー会社の車をチャーターし、指定の場所から空港までを格安定額料金で送迎してくれます。

※対象となる空港は、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港(国際線)となっており、利用できるエリアは限定されています。

空港ラウンジ

国内主要空港および仁川国際空港、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)の空港ラウンジを同伴者1名も無料で利用できます。
 他社のゴールドカードは、同伴者有料としているので、アメックスはワンランク上の優待特典となっています。

エアポート・ミール・クーポン

搭乗日の1週間前までにメンバーシップ・トラベル・サービスにてJALおよびANA(グループ会社を含む)の羽田/伊丹空港発国内線航空券を購入した場合、羽田/伊丹空港内の対象店舗で使用できる1,000円相当のエアポート・ミール・クーポンを航空券1枚につき1枚もらえます。

空港内のその他のサービス

トラベルに強いアメックスなら、そのほかにも、
海外旅行の際に自宅から空港までの間を、出発時・帰国時ともにカード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送してくれる「手荷物無料宅配サービス」

※対象空港は、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港となっています。


成田国際空港、関西国際空港から海外旅行へ出発の際、出発時は空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札口やバス停まで、専任のスタッフが荷物を運んでくれる「無料ポーターサービス」

中部国際空港にて、乗継便の待ち時間などで荷物を預かってくれる「空港クロークサービス」

などのサービスが付帯しています。

グルメ・エンターテイメント

ゴールド・ダイニング by 招待日和

国内外の約250店の対象レストランでコース料理を2名以上で予約すると、1名分のコース料理が無料となります。

コットンクラブ

丸の内のエンターテイメントクラブ「COTTON CLUB」にて、毎週金曜日、カードのご利用でご飲食代金よりお1人さまにつき1,100円(税込)割引で利用できます。

ゴールド・ワインクラブ

入手困難な希少価値の高いワインを毎月ご紹介し、ゴールド・ワインデスクで電話にて購入できます。
(毎月のおすすめワインは、会員誌「IMPRESSION GOLD」やウェブサイトで紹介しています。)
また、ワインに関する銘柄の相談を受付けてくれたり、シーンや予算などを伝えれば、それに沿ったワインを用意してくれます。

プリファード・ゴルフ

提携ホテルに2連泊以上の宿泊をすると、ホテルが契約しているゴルフコースのプレー代が1名様分無料となるプログラムに、通常年会費245米ドルのところを無料で登録可能です。

アメリカン・エキスプレス・セレクト

国内外で利用できる、ショッピング・グルメ・宿泊に関する8,000以上の優待特典を用意しています。

アメックス・ゴールドカードの券面画像 年会費 本会員 31,900円(税込)
家族会員 1名無料、2名目から1名につき13,200円(税込)
入会基準 20歳以上で定職がある方
カードブランド アメックスブランドのロゴ
アメックス公式サイト

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード



ゴールドカード・ウェブのロゴ

PAGE TOP

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典