プラチナカードのインビテーションをもらう条件|プラチナカードnavi

こんな人にメリットをもたらす

ピックアップカード

年会費20,000円(税抜)で特典充実!
コストパフォーマンス激高の1枚。

各プラチナカードによって若干の差異があるインビテーションが届く条件

ゴールドカードを保有していると、カード会社からプラチナカードのインビテーション(招待状)が届くことがあります。
新規に会員を募集しているプラチナカードであっても、ゴールドカード会員の中から厳選された方へインビテーションが送られます。
インビテーションが届く条件は各カード会社で異なりますし、会員の属性も影響してきます。

ラグジュアリーカードの詳細ページへ

概ねの目安は年間100万円以上のショッピング利用

概ねの目安としては、ゴールドカード会員で年間100万円以上の利用実績がある方で、会員履歴が2〜3年以上の方。
これはあくまでも目安であり、実際には各社でプラチナカードのインビテーションを送る条件には差異があります。(詳細は公表されていません。)
三井住友カードなら年間100万円以上で会員履歴2年程度以上、ジェーシービーなら年間100万円以上で会員履歴3年以上といったところが大まかな目安と捉えられるますが、年間300万円以上利用している会員などではもう少し早い段階でインビテーションが届くケースもあるようです。

また、アメックスでは、年間100万円前後の利用でもインビテーションが届くまで5年かかったケースがある一方、年間利用額が100万円に届かなくても(例えば年間50〜70万円程度の利用)数年利用しているとインビテーションが届いたり、年間利用額が大きいと1年程度で届くケースも実際にあります。
アメックスに関しては会員の資産状況も加味して判断しているようです。

ダイナースクラブ プレミアムカードも一般カード会員で年間100〜200万円程度利用すれば1年程度でインビテーションが届いたケースがある一方で、100万円に満たない年間利用額でも実績の積重ねで数年後に届いたケースもあります。

ただ、必ずしもカードの利用状況と個人の経済力が一致するワケではありませんが、年間50万円程度しかクレジットカードの利用が無い方がプラチナカードを持っても、会員としての恩恵を受けるかどうか、メリットを感じられるかどうか疑問が残りますので、入会の可否は慎重に考えた方がいいと思います。

厳しいのはJCBザ・クラス 容易さではアメックスとダイナース

利用実績から考えられるインビテーションの条件を記載しましたが、あくまでも個人的な見解としてJCBザ・クラスのインビテーションは届きづらいと感じます。
一番、プラチナカードへの道のりも険しいのではないかと。

月平均10万円、年間120万円以上の利用でも届かないし、年間200万円の利用でも僕はすぐに届きませんでした。
ただし、ジェーシービーの場合、地方銀行と提携しているケースもあり、銀行のクレジットカード(JCBブランド)を利用していれば銀行から直接JCBザ・クラスのインビテーションが届くケースもあります。
その銀行クレジットカードがクラシックカードだとしても。

これは、多くの地銀や銀行内のカード発行部門がJCBグループであること(FC契約)から、ジェーシービー本社とは別部門がインビテーションの送付の可否を検討しているからなんですね。

しかしながら、見た目の根本的なデザインは“JCBザ・クラス”であっても銀行のロゴマーク等が刻印されるなど、プロパーのカードとちょっと違うデザインとなるので注意が必要です。

年会費13万円(税別)のアメックスやダイナースは意外と簡単にやってきます。
前述の通り、全く利用実績のない会員には届く可能性が低いのでしょうが、毎月利用していれば「えっ!なんで自分にインビテーションが!?」というタイミングでやってきます。

どちらがいいのか答えはなく、各カード会社の方針ということでしょうね。


年会費5万円のプラチナカード比較ページのバナー

年会費10万円以上のプレミアムカード比較ページのバナー

私自身の経験からインビテーションが届いた時期を紹介

ここで、私自身が持つゴールドカードと、プラチナカードのインビテーションが届いたタイミングについて紹介します。

三井住友プラチナカード

三井住友プラチナカードのカード画像

私自身、プラチナカードのインビテーションが届いたは、最初が三井住友VISAゴールドカード。
月平均で10万円、年間120~150万円くらいの利用で、ゴールドカード保有歴2年くらいのときでした。
ちなみに、三井住友カードは一般カードを所有したことが無く、ゴールドカードからの入会です。
三井住友VISAゴールドカードは比較的難易度の高いカードなんですが、ライバルともいえるジェーシービーよりも早くインビテーションが届きました。

三井住友プラチナカードの詳細はこちら

エポスプラチナカード

エポスプラチナカードのカード画像

パソコンを購入するときに、年会費無料のエポスカードを作ると数千円の割引が受けられる優待特典に惹かれて入会。
以後、年間50万円も利用しなかったはずなのに、翌年ゴールドカードのインビテーションが届いて、即入会。
だって、“ゴールドカード”なのに年会費永年無料でしたから。
それから、年間100万円弱くらいの利用で、翌年にプラチナカードのインビテーション到着。
一般カード入会からのスピード、ハードルに低さではエポスプラチナカードが1番じゃないでしょうか?
年会費2万円という低価格も魅力です。

エポスプラチナカードの詳細はこちら

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカードのカード画像

ダイナースクラブカードに入会したのは、今よりも年会費の安い15,000円(税別)の時代。
もともとはメインの決済手段で利用することはなく、グルメ系の優待特典狙いで入会しました。
優待割引特典だけで年会費以上の恩恵を受けていたのですが、入会から3~4年くらいでプレミアムカードのインビテーションが到着。
驚いたのは年間利用額が毎年100万円に遠く及ばない利用実績であったこと。利用金額50万円超えた年は無かったと思います。
まぁ、確かに年に数回電話して、各種優待特典を利用していましたが、それにしてもハードルは低い。

ダイナースクラブ プレミアムカードの詳細はこちら

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカード

アメックス・プラチナのカード画像

アメックス・ビジネス・ゴールドの案内が届く方は多いですよね。
自分も何度も入会案内を頂きました。
個人用のアメックス・ゴールドを所有していましたが、それでもビジネス・ゴールドの案内は届きます。
で、アメックス・ゴールド入会から1年、突如、アメックス・ビジネス・プラチナのインビテーションが届きました。

このときは驚きましたね。

個人カードのプラチナのインビテーションは届かないし、そもそも個人用のアメックス・ゴールドは年間20~30万円しか利用していませんでしたから。
ビジネス・ゴールドを持っていないのに、ビジネス・プラチナのインビテーションが届く例は極めて稀です。

アメックス・プラチナの詳細はこちら

JCB THE CLASS

JCB THE CLASSのカード画像

JCBカードは最も履歴の長いクレジットカードです。
一般カードの時代が長かったし、JCBゴールドへは簡単にランクアップできました。
JCBゴールド入会から最短でJCBゴールド ザ・プレミアのインビテーションが届いて昇格。
その後、1年半くらいで在住都市の地銀からザ・クラスのインビテーション到着。
興味はあったのですが、プロパーのザ・クラスに入会したかったので無視。

しかし、いつになってもジェーシービー本社からザ・クラスのインビテーションは届かず・・・。

毎年、150万円以上は使っていたにもかかわらず、です。
結局、こちらからデスクに電話して入会申込書を郵送して頂きました。JCBゴールド入会から5年くらいは経っていたかと思います。

JCBザ・クラスの詳細はこちら

プラチナカードのインビテーションが届く条件 ページトップへ


年会費5万円のプラチナカード比較ページのバナー

年会費10万円以上のプレミアムカード比較ページのバナー ≪スマホ用≫おすすめガイド
おすすめのプラチナカードガイド
JCBカードのバナー

おすすめ情報

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典