一番安いプラチナカードは「TRUST CLUB プラチナマスターカード」

下手なゴールドカードを持つなら断然お得!

TRUST CLUB プラチナ Visaカード メインイメージ スマホ用のメインイメージ
プラチナマスターカード2020年の写真

年会費は3300円!TRUST CLUB プラチナマスターカード

“プラチナカード”というと、通常は2万円以上の年会費が必要となります。
しかし、ここで紹介するTRUST CLUB プラチナマスターカードは、

超破格の年会費3,300円!

はい、国内では一番、年会費が安いプラチナカードとなります。
さすがに、ここまで安くなると「本当にプラチナカードなのか?」と疑いたくなりますが、どうして年会費が安いのか?メリットはあるのか?を探っていきたいと思います。

マスターカードにおけるプラチナカードの位置づけ

一般的に、“プラチナカード”と聞くとスゴいステータス性の高いカードと捉えがちですが、実はマスターカードブランドでは少々異なります。
“プラチナ”は“ゴールド”より上ですが、最上位ではないんです。

マスターカードブランドの中で、最も最上位に君臨するグレードは“ワールドエリート”で、プラチナカードの2ランク上。
MasterCardが提供しているサービスに目を向けると、ワールドエリートMasterCardの半分以下しかプラチナMasterCardには優待特典が付帯していないので、これも年会費を大きく抑えている要因。



同一発行会社のカードを比較してみた

TRUST CLUBカードのラインナップには、“プラチナ”のワンランク上のグレードとなる「TRUST CLUB ワールドカード」が用意されていて、年会費は13,200円。
2枚のカードの保険内容や主な優待特典を比較したのが下表。

カード TRUST CLUB プラチナマスターカードの券面画像 トラストクラブ ワールドカードの券面画像
年会費 3,300円(税込) 13,200円(税込)
海外旅行傷害保険 最高3,000万円まで 最高7,000万円まで
国内旅行傷害保険 最高3,000万円まで 最高7,000万円まで
動産総合保険 年間50万円まで 年間500万円まで
利用可能枠 30万円~100万円 100万円~300万円
国際線手荷物宅配 帰国時に1個500円で宅配 往路・復路各2個まで無料
コンシェルジュ × ×
ダイニング BY 招待日和
コナミスポーツクラブ優待
国内ゴルフ予約
会員制ゴルフ予約
国内空港ラウンジ
プライオリティ・パス

表を見ての通り、TRUST CLUB プラチナマスターカードは、“プラチナ”と呼ぶには物足りなさがあります。
カードの利用可能枠は30万円~100万円と一般的なゴールドカード以下に抑えられていますし、旅行傷害保険の補償上限が「最高3000万円まで」というのは“普通”のクレジットカード並み。

そもそも、“プラチナカード”と名称がつくクレジットカードの中で「コンシェルジュ」を利用できないクレジットカードは存在しません。

こういった補償や優待特典をみてみると、年会費が安いのも納得です。

申し込む価値のないプラチナカード?

スペック的に“プラチナカード”と呼ぶには疑問が残るTRUST CLUB プラチナマスターカードですが、「申し込む価値はないのか?」というと、そうではありません。“ステータス性”にばかり目が行くと、本質を見落としてしまいます。
1枚のクレジットカードとしてみた場合、このTRUST CLUB プラチナマスターカードは非常にコスパに優れた1枚と言えます。いや、下手なゴールドカードに申込みをするよりも断然お得。

そもそも、年会費3,300円なのに、国内の空港ラウンジを利用できます。(一部利用できないラウンジもありますので、入会後にご確認ください。)

さらに、国内外約250の対象飲食店で所定のコース料理を2名以上で予約すると1名分が無料になる「ダイニング BY 招待日和」も利用可能。
このサービスは、名称は異なれど、通常、他社では2万円以上の年会費を支払うカードでないと利用できません。
年会費の数倍どころか10倍以上のベネフィットを受け取ることも楽勝。

重ねて書きますが、“プラチナカード”という概念にとらわれずに見た場合、TRUST CLUB プラチナマスターカードは申し込む価値が十分にあるクレジットカードといえます。

「年会費が一番安いプラチナカード」というだけで、否定してしまうのはよくありません。
個人的には、非常に価値の高いクレジットカードだと思います。

TRUST CLUB プラチナマスターカード

TRUST CLUB プラチナマスターカード 年会費 本会員 3,300円(税込)
家族会員 無料
申込み対象 22歳以上 年収200万円以上
カードブランド MasterCard
三井住友トラストクラブ公式サイト

TRUST CLUB プラチナマスターカードの審査について

申込み対象は「22歳以上 年収200万円以上」となっており、非常に手に入れやすいプラチナカードです。

TRUST CLUB プラチナマスターカードの主な会員特典

ダイニング BY 招待日和
国内外約250店の飲食店を2名以上の利用で1名分のコース料理が無料になります。
国際線手荷物宅配優待
国際線利用時に、帰国時の手荷物を優待価格500円で空港から自宅まで宅配してくれます。
トラベルデスク
海外旅行時の際、出発前はもちろん、旅行中の海外からも繋がるトラベルデスクを用意。パッケージツアーや、ホテル、航空券の手配や案内のほか、渡航先においては現地の最新情報や通訳の手配、ホテル・レストランの予約など電話で受け付けています。
また、日本国内においても、宿泊施設や各種交通の案内・手配、要望に合わせた旅行プランを提示してくれる会員専用の電話、トラベルデスクを用意しています。
旅館・ホテル
宿泊予約サイト「Relux」で15,000円以上の予約をすると3,000円割引になるクーポンを用意。このクーポンは何度でも利用できます。
海外のラグジュアリーホテルの優待割引もあります。
空港ラウンジ
国内主要空港のラウンジを無料で利用可能。
※インチョン国際空港およびダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジは利用不可。
※プライオリティ・パスの優待は付帯していません。
ポイントプログラム
ショッピングでのカード利用100円ごとに2ポイントが付与されます。リボ払いだと100円=3ポイント。
ポイント還元率は0.5%(ギフト券に交換した場合)と普通ですが、貯めたポイントに有効期限が無いメリットがあります。
保険
最高3000万円まで補償する国内および海外旅行傷害保険を付帯。
カードで購入した商品が購入日より90日以内に破損、盗難、火災などの事故で損害を被った場合に年間50万円を限度として補償する「バイヤーズ プロテクション(動産総合保険)」を付帯。(自己負担額は1商品につき1万円)
Boingo Wi-Fi
世界100ヵ国以上、100万ヵ所以上のホットスポットにWi-Fi接続ができるサービス「Boingo Wi-Fi」を登録料無料・利用料無料で使えます。

PAGE TOP

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典