ポイント還元率が高いプラチナカードはどれ?

ショッピングで貯まるポイント、最も還元率が高いプラチナカードとは?

プラチナカードの贈り物

ポイント還元率が高いプラチナカードはどれ?

ショッピングの利用で貯まるポイント。
「プラチナカードともなると、ポイント還元率が一般カードやゴールドカードと比較して高いのでは?」と思っている方がいますが、実はそうでもありません。
ほとんどのプラチナカードが、ゴールドカード会員と変わらないポイント還元率に設定しています。
基本ポイント還元率は、ギフト券に交換した場合で各社概ね0.5%。
「ポイントよりも、様々な優待サービスで会員をもてなす」というのがカード会社のスタンスでしょうか。

そんな中、下記のプラチナカードは高還元率を誇り、ポイント還元率を重視する方にはおすすめです。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カードが発行する【ポイント特化型】のプラチナカードが、「三井住友カード プラチナプリファード」。
年会費は33,000円と、三井住友カード プラチナ(年会費55,000円)よりも安いですが、これは付帯する優待特典を最小化してコストを抑え、ポイント還元率に特化したためです。
三井住友カード プラチナと比較し、国内・海外旅行傷害保険の保険金額が低いとか、メンバーズセレクションが無い、USJでのラウンジを利用できない、など、どちらかというと“ゴールドカード”に近いスペックとなりますが、ポイント還元率を重視する人にとっては、やはりメリットの大きな1枚です。

そのポイントですが、通常、三井住友カードでは“ゴールド”も“プラチナ”も200円=1ptの付与となるところ、プラチナプリファードは100円=1pt。
つまり、2倍貯まるので、基本となるポイント還元率は1%となります。
さらに、毎年、前年に100万円以上利用するごとにボーナスとして1万ポイント(=1万円相当)がプレゼントされ、最大40,000pt(=4万円相当)まで得ることができます。(400万円以上利用でボーナス4万ポイント)

ただし、年会費が33,000円と高額なため、年間利用金額が大きくない方にとっては、年会費無料の楽天カードなどポイント還元率1%のクレジットカードの方がお得です。
たとえば、仮に年間300万円の利用だと、通常ポイントが3万pt、ボーナスが3万pt、合計で6万ptをゲット(=6万円相当)
年会費33,000円を差し引くと、プラス27,000円となり、楽天カードで300万円利用した場合に得られる3万ポイントを下回ります。

仮に年間200万円くらいの利用であれば、三井住友カード ゴールドの方がポイントで大きな恩恵を受ける可能性が高いので注意が必要です。
また、ボーナスポイントは4万ptが上限なので、年間400万円利用では実質的なポイント還元率が2%であるのに対して、年間1,000万円の利用では実質的なポイント還元率が1.4%といったぐあいに、年間利用額が大きいほど実質的なポイント還元率が低下する現象が生じる点も注意してください。

総合的に考えると、ベストは年間400万円程度利用する方かな、と感じます。

三井住友カード プラチナプリファード
三井住友カード プラチナプリファード 年会費 本会員 33,000円(税込)
家族会員 無料
申込み対象者 原則として、満20歳以上で、
ご本人に安定継続収入のある方
カードブランド VISA
  • 三井住友カード プラチナ
  • 公式サイト(三井住友カード)

エポスプラチナカード

エポスプラチナカードは、エポスゴールドカード会員が招待状を受け取って入会した場合、年会費が2万円(税込)となるお得なプラチナカード。
年会費3万円を支払って新規入会された方でも、年間100万円以上の利用で翌年以降は永年年会費2万円(税込)まで抑えることが可能です。

このエポスプラチナカード、ベースとなるポイント還元率は0.5%と“一般的”な数字ですが、ボーナスポイントが高いのが特徴です。
たとえば、年間100万円以上の利用でボーナス20,000pt(=2万円相当)となるので、ボーナスポイントだけで年会費をカバーできます。(年会費が2万円の方の場合)
さらに、200万円以上で30,000pt、300万円以上で40,000ptと、年間利用額が100万円増えるごとにボーナスポイントも増え、最大100,000pt(=10万円相当)のボーナスポイントが付与されます。(下表参照)

参考として、仮に年間200万円利用の方なら、ボーナスを含めた実質的なポイント還元率が2%となります。

年間利用金額 ボーナスポイント
100万円 20,000pt
200万円 30,000pt
300万円 40,000pt
500万円 50,000pt
700万円 60,000pt
900万円 70,000pt
1,100万円 80,000pt
1,300万円 90,000pt
1,500万円 100,000pt
エポスプラチナカード
エポスプラチナカード券面画像 年会費 本会員 30,000円(税込)
※年間100万円以上ご利用の方、およびインビテーションから入会された方は年会費2万円(税込)
家族会員 無料
申込み対象者 お申し込みは20歳以上の方(学生を除く)とさせていただきます。
カードブランド VISA
エポスプラチナカードの特典とメリット

ラグジュアリーカード BLACK CARD

ポイント還元率1.25%を誇るプレミアムカード。
年会費は11万円(税込)と高額ですが、Mastercardブランドの中で“プラチナMastercard”の2ランク上となる最高グレード「ワールドエリートMastercard」に位置し、ステータス性と優待サービスは申し分なし。
アメックス・プラチナやダイナースクラブ プレミアムカードよりも年会費が割安で、しかもMastercardだから利便性は国内外で良し。

どんなクレジットカードも、交換先によってポイント還元率が変動し、ごく一部の交換先しか最高還元率を得られません。
しかし、ラグジュアリーカードなら
・amazonギフト券
・nanaco
・楽天Edy
・Google Play
・App Store&iTunes
にポイントを交換(移行)した場合で1.25%のポイント還元率を達成。キャッシュバックに利用してもポイント還元率は低下しません。
JCBギフトカードやクオカード、図書カードで若干落ちますが、それでも1.15%と他社の一歩上。

また、このクレジットカードの凄いのは、税金の支払いでもポイント還元率が低下しない点と、高額納税にも十分対応できる点です。一般的にプラチナカードであっても利用可能額が200~300万円に抑えられているカードが多いですが、ラグジュアリーカードはデポジット、つまり事前入金サービスを利用することが可能です。
これを活用すると、9,999万円までの支払いが可能なので、1千万円を超える納税にも利用でき、しかも納税であってもポイント還元率は低下しないので、とんでもなく大きなポイントを得ることができます。

前述した、三井住友カード プラチナプリファードやエポスプラチナカードとの違いはここで、高額決済が予想される方はラグジュアリーカードを選択した方が大きなメリットを受けることができます。
また、ワイン通販で有名なフィラディスで利用可能なクーポン券にポイントを好感した場合は、2.75%までポイント還元率が跳ね上がるので、ワインが好きな方にも支持されているクレジットカードである点も付け加えておきます。

ラグジュアリーカード(Black Card)
Luxurycard(ブラック)の券面画像 年会費 本会員 110,000円(税込)
家族会員 27,500円(税込)
カードブランド MasterCard

ジャックスカードプラチナ

ジャックスカードプラチナは、ベースとなるポイント還元率は0.5%と一般的ですが、プラチナ会員特典のポイントを加えると、合計で200円利用=3ポイント付与され、ポイント還元率は1.5%となります。
さらに、年間50万円以上の利用だとベースポイント還元率が上昇していき、年間300万円以上の利用ではプラチナ特典のポイントを含め、2.0%のポイント還元率を期待できるプラチナカードです。

年会費は22,000円と安く、初めてプラチナカードを手にする方にとってもおすすめの1枚となります。

ジャックスカードプラチナ
ジャックスカードプラチナの券面画像 年会費 本会員 220,000円(税込)
家族会員 無料
カードブランド MasterCard

TRUST CLUB プラチナ Visaカード

ポイントプログラムにステージ制を採用し、年間のショッピング利用合計金額に応じて翌年のポイント還元率がアップするクレジットカード。
以前はもう少しポイント還元率が高かったのですが、今はポイントプログラムが改悪されました。それでも1.00%のポイント還元率は他社と比べて優秀。

Visaブランドでプラチナカードが欲しいなら、TRUST CLUB プラチナ Visaカードは優待特典の豊富さで筆頭候補に挙がる、おすすめの1枚です。

TRUST CLUB プラチナ Visaカード
TRUST CLUB プラチナ Visaカード 年会費 本会員 38,500円(税込)
家族会員 無料
取得方法 新規申込み
25歳以上の方 その他入会に際して所定の審査
カードブランド VISA

ダイナースクラブ プレミアムカード

プラチナカードの中でも、よりステータス性の高いカードであるダイナースクラブ プレミアムカード。

ポイントの貯まりやすさは優秀で、カードでのショッピング100円=1.5ポイント。
ダイナースの一般カードの1.5倍に相当し、他社プラチナカードと比べても非常に貯まりやすいプログラムとなっています。
貯めたポイントに有効期限が無いほか、提携航空会社のマイルに1,000ポイント=1,000マイルで移行でき、100円=2マイル貯まる計算!!
しかも、アメックス・プラチナと異なり、ANAのマイレージへの移行手数料は無料!
さらに、アメックス・プラチナは100円=1マイル相当なので、ダイナースクラブ プレミアムカードの破壊力が理解できます。

会員専用のショッピングモールを利用すれば、たとえば、Yahoo!ショッピングや楽天市場で10万円の買い物をしたとすると、3,000マイル相当のポイントをゲットできる計算。
Yahoo!JAPANカードや楽天カードどころじゃないポイントが加算されます。
マイルの貯まりやすさはプラチナカードの中でも最強レベルとなっています。

ただし、マイルに移行した場合の話であって、ギフト券に交換した場合などは0.8%のポイント還元率となります。

ダイナースクラブ プレミアムカード
ダイナースクラブ プレミアムカード券面画像 年会費 本会員 143,000円(税込)
家族会員 無料
取得方法 インビテーション
カードブランド ダイナースクラブ ロゴ
ダイナースクラブ プレミアムカードの年会費と特典・メリット


≪スマホ用≫おすすめガイド
おすすめのプラチナカードガイド

執筆者の顔写真

クレジットカード利用歴約30年。プラチナカードはポイントで年会費相当のメリットを受けるのではなく、優待特典・サービスを活用して得られる「エクスペリエンス」が最も重要。
ポイント還元率重視なら年会費無料カードを選べばいい。
自分の価値観に合ったプラチナカードを選べば、生活はより豊かになるとの確信のもと、当サイトを運営しています。

執筆 長谷川 亮

PAGE TOP

おすすめ情報

プラチナカードの基礎知識

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典