充実の付帯保険|アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの特典

リターンプロテクションやキャンセルプロテクションも付帯した充実の補償

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード メインイメージ スマホ用アメックスプラチナのメインイメージ

当サイトは、Internet Explorerでは画像が表示されないように設定しています。
お手数ですが、他のブラウザでご覧いただくようお願いいたします。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードなら保険も充実

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは保険・補償が充実したクレジットカード。
旅行代金をカードで決済した場合の旅行傷害保険は国内、海外ともに最高1億円まで補償。
家族カード会員も最高1億円まで補償し、海外旅行時の傷害治療費用保険金および疾病治療費用保険金は本会員・家族会員ともに最高1,000万円まで、国内旅行時は本会員・家族会員ともに入院保険金が日額5,000円、手術保険金最高20万円、通院保険金日額3,000円と、ステータスカードらしい充実した補償内容となっています。

公式サイトへ

旅行傷害保険

旅行代金をカードで決裁した場合

海外旅行傷害保険(限度支払額)
担保内容本会員/家族会員家族
傷害死亡・
後遺障害
1億円1,000万円
傷害治療・
疾病治療
1,000万円1,000万円
賠償責任5,000万円5,000万円
携行品損害100万円100万円
救援者費用1,000万円1,000万円
乗継遅延費用3万円
出航遅延・欠航3万円
受託手荷物
遅延費用
3万円
国内旅行傷害保険(限度支払額)
担保内容本会員/家族会員家族
傷害死亡・後遺障害1億円1,000万円
入院日額5,000円
手術最高20万円
通院日額3,000円

旅行代金をカードで決済しない場合

海外旅行傷害保険(限度支払額)
担保内容本会員家族
傷害死亡・
後遺障害
5,000万円1,000万円
傷害治療・
疾病治療
1,000万円1,000万円
賠償責任5,000万円5,000万円
携行品損害100万円100万円
救援者費用1,000万円1,000万円
国内旅行傷害保険(限度支払額)
担保内容本会員/家族会員家族
傷害死亡・後遺障害補償なし
入院日額補償なし
手術補償なし
通院日額補償なし

※プラチナカードで旅行代金を決済しない場合、家族カード会員は補償対象外となります。
※「家族」とは、本会員の配偶者、本会員と生計を共にするお子様、ご両親などの親族を指します。

海外旅行航空便遅延費用

保険金の種類本会員
乗継遅延費用保険3万円
出航遅延、欠航
搭乗不能費用保険
3万円
受託手荷物
遅延費用保険
3万円
受託手荷物
紛失費用保険
6万円


そのほかにも、以下の保険・補償が備わっています。
自動付帯している保険の豊富さ補償の厚さは、ステータスカードの中でもダントツのアメックス・プラチナ。
カード会員が得られるのは“安心”であり、年会費が高額となるのも頷けます。

スマートフォン・プロテクション

お手持ちのスマートフォンが破損した場合に、修理費用を補償してくれる「スマートフォン・プロテクション」が付帯しています。

ただし、補償を受けられるのは「対象となるスマートフォン」を所有する本人会員であり、家族カード会員は対象外となります。
ここでいう「対象となるスマートフォン」とは、以下を指します。

・保検事故発生時点で、対象のスマートフォンの通信料を「カード」で直近3回連続の決済がされていること
・補償の対象となるスマートフォンは購入後24ヶ月以内のものであること

支払限度額(保険期間中通算) 10万円
保険期間 1年間(4月1日午前0時より1年間)
自己負担額 1事故につき1万円

支払い限度額10万円は、スマートフォン保険を付帯したクレジットカードの中では最高水準ですが、免責が設定されている点や、24ヶ月以内に購入したスマートフォンが保険の対象となっている点に注意が必要です。
最近のスマホはガラスが強化されている製品も多く、バッテリー性能を含めて耐久性が向上しているので、2年を超える使用も全然問題ありません。
僕自身、2017年~2021年にかけて、はじめてiPhoneをまる4年間使用しましたが、バッテリーは86%、機能的にも何ら問題がない状態でした。
このような長期使用では、3年目以降は別の保険に加入することを検討した方が良いかもしれません。

新規入会キャンペーン情報

いま、アメックス・プラチナに入会すると、カードの利用金額に応じてボーナスポイントやAmazonギフト券がもらえるチャンス。
以下の2つクリアで、合計50000ポイント(50,000マイル相当)獲得可能です。

1.入会後3ヶ月以内に合計50万円のカード利用で20,000ボーナスポイント
2.入会後3ヶ月以内に合計100万円以上のカード利用でさらに20,000ボーナスポイント

100万円利用で通常ポイントが10,000pt付与されるので、合計50,000pt獲得可能です。

さらに、入会月の翌々月末までに合計100万円以上のカード利用者にはAmazonギフト券3万円分もプレゼントされます。

個人賠償責任保険

カード会員、配偶者、およびそれらと生計を共にする同居家族、それらと生計を共にする別居の未婚の子どもが居住している住宅の所有・使用・管理および日常生活の行為で生じた法律上の賠償責任を最高1億円まで補償する保険

具体例を挙げると、以下のようなケースが保険金をもらえる対象となります。

・屋根の瓦が落ちて通行人に当たり、ケガをさせた。
・家の塀から出ている釘が、通行人の服を破損させた。
・子どもがキャッチボールしていたら、よその家の窓ガラスを割った。
・買い物中に、誤ってお店の商品である陶器を壊した。
・自宅で飼っている犬が、散歩中に通行人に噛みついてケガをさせた。
・自転車に乗っていたら、通行人に衝突しケガをさせた。


いかがでしょうか?
他社のステータスカードには見られない、いざという時に安心できる保険がアメックス・プラチナには付帯しています。(ビジネス・プラチナには付帯していませんのでご注意ください。)

ショッピング・プロテクション

万一、カードで購入した商品が破損・盗難等の被害にあった場合に年間最高500万円まで補償します。
補償期間は購入日または商品が到着した日から90日以内、1回の事故についての免責金額は1万円となっています。
ただし、台風や豪雨による水災、地震に起因する損害は補償の対象外となります。(そのほかの対象外については入会後の規定をご確認ください。)

ホームウェア・プロテクション

アメックス・プラチナ会員が所有している家電製品、パソコン、時計、カメラについて、火災、盗難、破損、水漏れなどの偶発的な事故により生じた損害を補償する保険。
メーカーの保証期間であればメーカー保証で修理できますが、ホームウェア・プロテクションはメーカー保証終了後2年間までの損害を補償します。
補償限度額は購入日からの経過年数により購入金額の50%から100%。ただし、損害額5000円以上が対象となり、補償限度額は年間50万円までとなります。
(※損害費用には、部品代や工賃のほか出張費も含まれます。)
この保険が素晴らしいのは、アメックス・プラチナで購入したかどうかを問わず保険金がもらえる点で、「とにかく安心できる」というのがアメックス・プラチナの大きな魅力です。

購入日から6ヶ月 購入金額の100%
6ヶ月超から1年 購入金額の90%
1年超から2年 購入金額の80%
2年超から3年 購入金額の70%
3年超から4年 購入金額の60%
4年超 購入金額の50%

リターン・プロテクション

カードで購入した商品の返品を万一購入店が受付けない場合、購入日から90日以内なら、アメリカン・エキスプレスに返却することで、1商品につき最高3万円相当額まで、年間最高15万円相当まで払い戻してくれます。
このプロテクションは、購入した商品が未使用かつ良好な状態で、正常に機能するものに限ります。そのほか、5,000円未満の商品に対しては適用されません。
利用機会が考えづらいプロテクションですが、付帯していないよりはいいでしょう。

キャンセル・プロテクション

急な出張や突然の病気、ケガによる入院等で、旅行に行けなくなった場合、チケットを購入済みのコンサートへ行けなくなった場合などにかかるキャンセル費用等の損害を補償してくれるサービスです。
子どもや配偶者がケガをしてとか、病気になって入院しなきゃいけない、通院しなきゃいけないなど、楽しみにしていた旅行に行けなくなる可能性はゼロじゃありませんよね?
アメックス・プラチナで決済をしていたのであれば、宿泊代金はもちろん航空機や鉄道の費用なども補償の対象。
キャンセル・プロテクションがあれば、安心して予定を組むことができます。

なお、キャンセル・プロテクションには自己負担額が定められ、「1,000円またはアメックスが定めるキャンセル費用の額の10%相当額のいずれか高い額」となっています。

補償限度額は、1年間に50万円までとなります。
また、キャンセル事由がカード会員など、カード会員などの配偶者またはカード会員などの子どもの傷害による通院の場合、1年間の補償限度額は15万円となります。
キャンセル事由が社命出張の場合、補償資金の支払いは1年間に1回までとなります。
その他、詳細については、入会後に規定にて確認してください。

ゴルフ保険

傷害補償(最高1,000万円)、第三者賠償保険金(支払限度5,000万円)、用品損害保険金(年間限度額10万円)、ホールインワン・アルバトロス費用保険金(支払限度30万円)が付帯されたゴルフ保険です。
傷害補償の入院保険金日額は15,000円、通院保険金日額は10,000円となっています。

保険金の種類保険金の額
傷害死亡1,000万円
傷害後遺障害最高1,000万円
入院日額15,000円
通院日額10,000円
用品損害年間限度額10万円
ホールインワン・
アルバトロス
限度額30万円
第三者賠償限度額50万円

テニス保険

国内のテニス施設(テニスコート、練習場、更衣室など)で事故にあった場合に、最高250万円まで補償する保険。
ケガを負った場合の入院保険金は日額3,750円、通院保険金は日額2,500円。
ラケットが破損したとか、盗難にあった場合なども年間10万円まで補償する用品損害保険金も付帯しています。

保険金の種類保険金の額
傷害死亡250万円
傷害後遺障害最高250万円
入院日額3,750円
通院日額2,500円
用品損害年間限度額10万円
第三者賠償限度額50万円

スキー保険

日本国内で、スキーを滑るために住居を出発したときから帰宅するまでの行程中に生じた事故を補償する保険で、最高500万円まで補償。
入院保険金は日額5,000万円、通院保険金は日額2,500円となっています。
用品損害保険は年間最高10万円までとなります。

保険金の種類保険金の額
傷害死亡500万円
傷害後遺障害最高500万円
入院日額5,000円
通院日額2,500円
用品損害年間限度額10万円
第三者賠償限度額50万円

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの基本情報

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード券面画像 年会費 本会員 143,000円(税込)
家族会員 4名まで無料
入会の目安 20歳以上で定職がある方
カードブランド アメックスブランドのロゴ
アメックスカード公式サイト

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの主な会員特典

執筆者の顔写真執筆者の顔写真

プラチナカードはポイントで年会費相当のメリットを受けるのではなく、優待特典・サービスを活用して得られる「エクスペリエンス」が最も重要。ポイント還元率重視なら年会費無料カードを選べばいい。
自分の価値観に合ったプラチナカードを選べば、生活はより豊かになるとの確信のもと、当サイトを運営しています。

執筆 長谷川 亮

PAGE TOP

プラチナカードの基礎知識

アメックス・プラチナ(個人カード)

サービスで選ぶ

各社のプラチナカード

国際ブランドと共通特典